委員長挨拶と方針発表

クラブ管理委員会

委員長 矢島 嗣久

 雰囲気の良い例会場で会員の和を保ちながら楽しく充実した例会となるよう努めていきたいと思っております。
そして、現在取り組んでいる奉仕活動を地道に継続していく事を願っております。

会員組織委員会

委員長 香村 正雄

 青山ロータリークラブは様々な素晴らしいい奉仕活動をしております。例会場は青山セントグレース大聖堂で第一級のシェフの料理はおいしいと定評があります。会員組織委員会としては最近のコロナウイルスにまけずに夜間例会やイベント開催時に会員が最低一人のビジターをお連れいただき青山ロータリークラブの楽しい雰囲気を味わっていただくことで仲間を増やしていきたいと思います。
宜しくお願い申し上げます。

クラブ奉仕(親睦)委員会

委員長 萩  伸雄

 新型コロナウィルス感染症の影響により、旧来とは異なったクラブ奉仕活動が求められる機会も増えてくるかと思います。温故知新、会員相互の繋がりを大切にし、ロータリアンとしての品格を大切に、メンバーの皆さまに楽しいクラブライフを過ごして頂けるよう尽力して参ります。

ロータリー財団委員会

委員長 池田 昭宏

ロータリー財団の活動の中で、特にポールハリスやベネファクター及び大口寄付のご協力を仰ぐにあたり、下記についてご理解いただけるよう会員の皆様に伝え続けていきます。
ロータリー財団は、人頭分担金で運営されている国際ロータリーとは別の組織であり、会員からの任意の寄付によって支えられています。また、ロータリー財団の支援なしでは、国際ロータリーは十分に奉仕活動をすることができません。「資金調達」と「奉仕プログラムの実行」はロータリー財団が継続的かつ有効に機能するための車の両輪と言えます。
ポールハリスフェローになった会員より、寄付の使途について質問を受けることがありますが、50%は3年後に我々の地区に戻り、地区の奉仕活動に使われ、残りの50%は世界のいろいろな地区の奉仕活動に使われます。
ロータリー財団のしくみや規制は毎年のように変わるため、それぞれの奉仕プロジェクトに財団の資金を使えるかどうかなど、継続して勉強していく必要があります。
恵まれない人々を愛する心を十分に持っていることを形に表す方法のひとつとして、ポールハリスやベネファクター等の寄付にぜひご協力ください。

職業奉仕委員長

委員長 勝野 正志

 職業人同士の交流を目的として設立されたロータリーでは、より良い地域社会を築くために、職業やビジネスにおけるリーダーが力を合わせ、アイデアを交換し、協力関係を築くことの重要性を強調しています。当クラブにおきましても、各職場や業界のリーダーが集い語らい行動し、職業スキルを様々な奉仕に生かしています。
コロナ危機という未曽有の事態に見舞われた今こそ、職業奉仕の本領を発揮し、会員同士の職業スキルを生かし合う機会だと考えます。
今期も会員の卓話や職場訪問を通して、会員同士の連帯を強化し、各会員の職業スキルを発揮できる機会の創出に努めてまいります。

社会奉仕委員長

委員長 伊谷 江美子

1. ご挨拶
東京青山ロータリークラブは仲の良いメンバーの集う,良質な和らぎのクラブであると感じます.令和時代にぴったりの「和らぎのある,一人一人のメンバーの個性花開く,良き(令)クラブ」で活動できることを喜びと感じております.
2. 奉仕活動の継続
歴代の奉仕委員会の活動を継承継続してまいります.
 [1] 地域の催事(お祭りなど)等への参加
 [2] 麻布慶福会(乳児院)へのサポート(CAPP活動との何らかの関連も可能かどうか模索)
 [3] We Love Meguro清掃活動への協力
 [4] セラピードッグ活動(公社JAHAさんのCAPP活動)への会員の活動参加と活動サポート(柴内会員が担当している場所もあるのでより積極的に進めたいです)動物介在活動,動物介在教育,動物介在療法,READプログラムなどの様々な活動を通じ,青少年奉仕委員会,地域社会奉仕委員会などとのコラボレーションも検討していきたいです.
 [5] 2020年5月に開催予定「あなたのロータリー」への参加協力

国際奉仕委員会

委員長 金澤 拓平

令和2年、新型コロナウィルスが猛威を振るい、世界中を困惑のるつぼに引き込み、今もなお、得体の知れない不安と恐怖に立ち向かっていかなければなりません。
最近はやや落ち着きをみせておりますが、過去の歴史を垣間見るとき、第2次、第3次の感染の対策をしておかなければと思考します。コロナは戦いの一種です。決して負けてはなりませんし、囲碁の世界がそうであるように、勝ちを急いではいけません。
お金では図れない物の価値、即ち日本人は美しい自然豊かな文化、教養、道徳、人類への貢献等々、品格を供えております。世界の研究所でワクチンの創生を急いでおり、完成まで2年はかかるといわれていますが、ビルゲイツ氏が数億円を投じても構わないと発言しておられるように、コロナの問題は日本人の品格と心の奥底に、忍耐と辛抱をもって戦えば、予想以上に早く解決するかもしれません。
社会への貢献と世界平和を願うロータリアンとして、コロナウィルス防御のためのあらゆる防御策を講じながら一歩一歩、前進していきましょう。そしてその後に国際親善と世界平和の世界が広がってきます。

青少年奉仕委員会

委員長 片木 瑠璃子

1、青少年への奉仕活動はロータリー活動の中でも重要な部門の一つだと思われます。留学生の方々が私達の青山ロータリークラブに関わった事で充実した留学生活が送れたと思われればこれに勝る喜びはありません。
2、セラピードック奉仕活動では故鈴木生一郎会長時代韓国南山RCの方々と例会を合同で参加し、温かい充実したひと時を共有することが出来ました。今後は留学生にも参加していただき活動することが出来れば素晴らしいことだと思います。
3、乳児院支援も事情が許せば継続していきたい事の一つです。
元会員の安江希治氏と自宅にある新しいタオルを募り慶福会麻布乳児院に持参いたしましたが今では懐かしい思い出です。
いずれにしても本年は地区からの指針に基づき活動していきたく存じます。
皆々様の建設的なご意見とアイデアをお待ちしております。

会 計

石川 肇久

 クラブの会計帳簿及び現金、預金については定期的にチェックし、正確性と客観性の確保に努めたいと考えます。
また、全体でも20数名のメンバーですので、節約に努めたいと思います。

コロナウィルスで大変な時期ですが、会員同士の親睦、新規会員の獲得のためにも、必要な時には使うと言った、メリハリのついた予算の執行に努めたいと思います。

ニコニコBOXは、皆様の奉仕活動の原資になるものです。皆様の御協力をお願い申し上げます。